妙智会 2億円を私的流用


裏金2億円、私的流用 妙智会教団の代表役員
http://news.livedoor.com/article/detail/7619810/(※リンク切れ)

東京都渋谷区に本部があり、信者数約70万人(2011年末現在)の宗教法人「妙智会教団」が祭りなどで得た収入を簿外で処理して裏金にし、12年までの5年間に約2億円を宮本恵司代表役員(57)が私的な飲食、旅行などに使っていたことが23日、関係者への取材で分かった。

東京国税局は教団への税務調査で、約2億円は代表役員への実質的な給与に当たり、所得税約8千万円の源泉徴収を免れたと指摘した。


妙智会
http://www.myochikai.jp/


1950年(昭和25年)、戦争の爪あとが残り、経済は不安定で、何よりも思想的混乱が世間を覆っている環境の中、宮本ミツ会主の「世界の柱となり、世の土台となる覚悟です」との大願をもって、妙智會は開教しました。
妙智會は、先祖供養を通していのちを尊ぶ心、思いやりの心、平和を願う心を涵養すると共に、忍善、懺悔、感謝の実践による人格完成を眼目としています。そしてひたすら平和と自由と平等のうえに、すべての人びとが幸せに暮らせる世の中をつくるため、「祈りと実行」を胸に、日々広宣流布に精進しています。
平和は人がつくるものであり、人は心が形づくるものであります。そしてその心を正しく育むのが妙智の教えです。

ホームページより

0 件のコメント: